あまりに中国語が聞き取れなくて耳が悪いのかと聴力検査を受けに行ったわたしが、、、

中国の大学に進学したいために、希望進学先の職員室を訪れ、必要書類について質問しに行きました。

私:「こちらの大学に進学したいのですが中国語レベルの目安はどれくらいですか??」

先生:「あなた中国にはどれくらいいるの?」

私:「すみません、もう一回言ってください。」

先生:「中国は何年目?」

私:「3年目です。」

先生はくすくす笑いながらこう言いました。

「3年いても全然だめなのね」

周りにいた外国人学生はうれしそうに私を見てばかにした笑みを浮かべていました。

ーーーーーー

その出来事は私を失意のどん底に突き落としました。

3年間、私は一生懸命中国語を勉強してきたはずなのに、何が問題だったのか何度も考えました。

「もしかして、私は耳が悪くて聞こえていないんじゃないか?」と思い当たりました。

大きな病院で聴力検査をしてもらった結果、何の問題もありませんでした

 

みんなから一目置かれたわたし

それから4年間、わたしは中国の大学で勉強し、卒業することができました。

大学生活中、私は外国人のクラスメートからよく嫌味を言われました。

大学2年生の頃に受けた新HSKで、最高級である6級を取得し、300点満点中235点とれた時には、

じゅりは日本人だから中国語がうまいのよ

卒業論文でA+判定をもらった時には、

じゅりは高校から留学していたから中国語が上手なのは当然でしょう

中国3年目の時に先生や学生に笑われたなんて、嫌味を言った人には信じてもらえませんでした。

ーーーーーー

嫌味を言っていたクラスメートからは、卒業論文を手伝ってほしいと頼まれました。

また、日中ハーフの先輩から「じゅりは純日本人なのに、なんでそんなに中国語が上手なの?」と不思議そうに聞かれました。

他にも、「両親中国人でしょ?」と断定されたこともあります。

(私は両親とも日本人で、両親は私が留学前に一度も中国に足を踏み入れたことがありませんでした。)

今では私の中国語を笑う人はいません

そして今現在、私は中国語の先生までするようになりました。

 

効果的な勉強方法とは?

ここまで読んでくれた方はきっと、「どんな勉強をしてそうなったの?」と疑問に思われたのではないでしょうか。

私の勉強方法はほとんどブログに書いています。

簡単に言うと、「中国人のお友達と遊びに行って、お話しする」をとにかくたくさん数をこなしました

もしかしたら「これだけやればすぐに効果がでます」という方法があると思われた方もいるかもしれません。

断言しますが、語学で悩む人に近道はありません

「これだけやればすぐ効果が出る方法」があれば、語学で悩む人はいません。

ただ、私は「中国人のお友達と遊びに行って、お話しする」という方法で、自分の中国語レベルを上げましたが、人それぞれ適切な方法は違います。

人と遊ぶのが好きでない人にとって、「中国人のお友達と遊びに行って、お話しする」をとにかくたくさん数をこなすのは難しいです。

あなたもあなたに適切な勉強方法さえわかれば、今まで語学勉強で悩んでいたことを考えることがなくなります。

適切な勉強方法が分かれば、楽しいですし、継続しやすいです。

継続しやすいということは、語学勉強ではとても重要です。

継続できなければ、うまくなることはありません。

 

ご自分に最適な勉強方法を見つけましょう

あなたに合った適切な方法を一緒に考えませんか?

無料体験レッスンのお申込みを受け付けていますので、ぜひご連絡ください。

あなたの中国語力アップのお手伝いをいたします!