中国留学予備校詳細

こんにちは、じゅりです。

この度はオンライン中国留学予備校にご興味を持っていただきありがとうございます。

このページでは、オンライン中国留学予備校についてご説明していきます。

中国留学予備校は、オンラインで視聴できる動画教材及びテキスト教材、そして文字と音声によるアフターレッスンで構成された講座です。

各回の動画教材で課題が出ますので、動画やテキスト教材を見ていただき、その課題に取り組み、そして文字と音声によるアフターレッスンでフィードバックを受けていく過程で、中国留学を成功させるためのマインドセット、スキルセット、ツールセットが手に入る構成となっています。

オンラインの教材なので、インターネット環境と再生できるデバイス(パソコン、タブレット、スマホ)さえあれば、

  • 自分のペースで学習できます。
  • 世界中どこからでも学習できます。
  • 移動中でも学習できます。
  • 何度でも復習できます。
  • 忙しい時期、やる気が起きない、などで動画を見れない時期があっても、できる時期に容易にキャッチアップできます。

 

中国留学予備校は3ヶ月の間、このように進行していきます。

 

Step1:中国留学を成功させる~中国留学を武器にする~

Step1の目次

あらゆることに共通する成功するための3つの要素
留学を成功させるマインドセットを身に着ける
マインドセットがセルフイメージを作る

中国留学といっても人それぞれ、中国留学に求めるものはちがうと思います。

でも、ただ留学したいだけの人はこのページを見ていないはずです。

留学というと「若いときにいろんな経験をしておいた方がいい」「外に出ることで、視野を広げられる」などがよく言われます。

なぜいろんな経験をしたほうがいいのでしょうか?

視野を広げてどうするのでしょうか?

留学するのであれば、受け身の「ただ楽しむ」「旅行気分」の留学ではなく、留学が終わった後をみすえた留学をしてみたくありませんか?

留学はこれからの人生の一部分です。

留学することを目的にするのではなく、留学を武器にして、どんな人生を送れるのか考えることで、留学の目的を明確にします。

留学の目的を明確にして、自分らしい留学生活を送ることができます。

このステップを取り組むことで、中国留学を成功させるためにどんな態度で取り組めばいいのかがわかるようになります。

一緒に自慢できる留学にしましょう。

 

Step2:中国留学での成長をスピードアップさせる

Step2の目次

深刻ではなく、真剣に楽しく
成果を早く出す人の共通点
周囲の人に応援してもらうために
超重要な概念 『内面の会話』
「関心の輪」 と 「影響の輪」
達成するための目標設定法

留学といえば、語学習得を結びつける方は多いと思います。

中国留学をすると、自然と中国語がはなせるようになると思いますか?

わたしの答えは、「いいえ」です。

わたしは中国留学でたくさんの日本人と出会いました。

その中で、中国語が話せるようになった人もいれば、まったく話せないまま日本へ帰国した人もいます。

両者はなにがちがうのでしょうか。

わたしは「考え方」だと思っています。

ここでは語学力を例にしましたが、中国留学で得られるものは語学力だけではありません。

中国留学で得られるものを最大限に得るために必要な考え方があります。

そして、中国留学で得られるものは、中国留学を終えたあとも、その先の長い人生の中でも役に立つものばかりです。

このステップを取り組むことで、中国留学での成長をスピードアップさせることはもちろん、留学の先にある人生をも良いものにさせることができます。

一緒に中身のある中国留学にしましょう。

 

Step3:中国語の勉強方法を知る

Step3の目次

おすすめの語学の勉強方法
人間はどうやって語学を習得するのか
発音はなぜ重要なのか
耳を傾けてもらえる発音とは
文法は地図として使うと近道できる

中国留学で得られるものは語学力だけではないとはいえ、語学力がメインになります。

言葉を学ぶということは文化を学ぶことです。

中国留学の醍醐味はまさに文化を学ぶことだと思います。

たとえば、中国語で“吃了吗?(食べましたか?)”はあいさつに使われることもあります。

中国人はそれほど、「食」を重視しているということがわかります。

また、中国語というと「四声(マーマーマーマー)」を思い浮かべる方が多いと思います。

この高低差が、伝わる中国語かどうかを左右するほどとても重要なポイントになります。

中国語を勉強していて一番さみしいのは、一生懸命中国語を喋っているのに相手から、

  • 「何言ってるの?」
  • 「意味が分からない」

こんな風に言われてしまうことではないでしょうか?

中国語を勉強するのであれば、現地の人とコミュニケーションをスムーズにとれることを目指したいですよね。

より伝わりやすい、より聞いてもらいやすい中国語を習得するためのコツをお伝えします。

効果的な勉強方法を知って、発音を勉強したうえで、文法を学びます。

Step3では、人間がどうやって言葉を覚えてきたのかということからはじまり、効果的な勉強方法をレクチャーします。

 

Step4:中国語を学ぶ

Step4の目次

中国語の発音(声調・母音・子音など)
中国語の品詞(動詞・名詞・形容詞・副詞など)
中国語の文(フレーズ・文成分など)
中国語の文法(アスペクト・受身文・兼語文など)

いままで小学校や中学校で英語を勉強してきた方も多いと思います。

わたしは英語がだいすきだったのですが、あなたはどうでしょうか。

  • なかなか単語が覚えられない
  • 文法がよくわからない
  • どうしたら話せるようになるのかわからない

いろいろな壁があった方もいるかもしれません。語学学習というのはとても根気のいることですよね。

わたしたちはもの心がつく前から、日本語という母国語に触れていて、自分がどんなふうに日本語がはなせるようになったのか覚えていません。

そして第二外国語である外国語を習得する経験はしたことがないためもっと想像がつかないと思います。

行きたい場所にいくのに地図が必要なのと同じように、語学学習にも地図が必要です。

地図があれば自分が歩むべき道がわかります。

途中で挫折しそうになったときにも、いまここにいて、あとこれくらいあるんだなと実感することでがんばる気力がわいてきます。

Step4では、中国語の全体像をまなびながら、中国留学生活がよりスムーズに送れるようになるための語学スキルをみにつけていきます。

 

Step5:中国留学生活で必要なツール

Step5の目次

困難の解決方法
アプリを効果的に使う
SNSで世界を広げる
アウトプットする

中国留学生活では日本では経験しない多くの困難にぶち当たります。

わたしがぶち当たってきた困難に対する解決方法を余すところなくお伝えします。

また、Step5ではわたし自身が中国留学でやらなくて大後悔したこともお伝えします。

周りから何度もすすめられていたのに結局一度もできませんでした。

でも留学を終えて数年たってから、「あの時やっていれば、、、」と後悔し悔やんでも悔やみきれませんでした。

時間を戻すことはできません。

これから留学する方にはわたしの失敗や後悔を味わってほしくないです。

ぜひわたしの失敗や後悔をあなたの糧にしてください。

Step5では、中国留学生活で必要なツールを通して、後悔しない留学生活を送るコツをレクチャーします。

 

本当に中国留学予備校で自慢できる中国留学がおくれるのか?

「本当に自分は中国留学を武器にして、自慢できる中国留学をおくれるのか?」きっとあなたは疑問に思っているのではないでしょうか。

ここでその質問に答えます。

正直いうと、それはわかりません。

なぜならそれはあなた次第だからです。

一方で、予備校の内容を復習せず、勉強せず、課題もせず、行動せず、「だれかが何とかしてくれる」と思うようなタイプであれば、はっきり申し上げますが、自慢できる中国留学をおくることはむずかしいでしょう。

もしあなたが、自慢できる中国留学のためにがんばる気持ちがあるのであれば、予備校はあなたの最高の「ガイド役」になることをお約束します。

わたしがこれまで培ってきたことを余すことなく、わかりやすく伝えます。

そのためにも、次のようなサポートを用意しています。

 

サポート1:毎回、課題や確認問題をだします

わたしからのレクチャーや説明に加えて、課題や確認問題に取り組んでもらいます。

学んだことを定着させたり、理解度をはかって学習に活かしたりするためです。

 

サポート2:質問、相談は無制限です

講座期間中はもちろん、講座修了後もあなたからの質問・相談を無制限で受け付けます。

「中国語の勉強していてわからなくなってしまった」

「留学先ではどんな過ごし方をしたらいいのか知りたい」など、何でも質問、相談してください。

 

サポート3:講座内容は何度も復習可能です

各回の講座は動画やテキスト教材で届きます。

あなたのステージによって気付くポイントや見える課題が変わってきますので、何度も復習することをおススメしています。

教材は講座が終了した後でも自由に見ることができます。

 

サポート4:中国留学者同士の交流の場に参加できます

Facebookグループでオンライン中国留学予備校に参加してくれた方たちの交流の場を設けます。

留学されるご本人以外にも、留学している娘さん、息子さんをもつ親御さんたちが悩んでいること、現地に行ってからの生活などをいつでも相談できます。

 

サポート5:日本語の教え方について相談できます

わたしは中国にいたとき、多くの中国人から「日本語を教えてほしい」と言われました。

当時は教え方がわからずなにもできなかったのですが、わたしはいま日本語教師の資格を持ち、外国人に日本語を教えています。

留学先で中国人から日本語について聞かれてわからなかった内容をいつでも相談することができます。

 

オンライン中国留学予備校を強く勧める6つの理由

わたしはなぜみなさんにオンライン中国留学予備校に参加した方がいいといえるのでしょう。

 

理由1:中国留学を成功させるためのベストの相談先だから

中国留学先で問題がおこったとき、だれに相談しますか。

両親?学校?仲介業者?自分で解決?

①両親

両親は関係が近い分、相談しづらいです。

わたし自身、留学先で問題がおこったとき、両親にだけは相談できないと思うことがいくつもありました。

それは関係が近いから恥ずかしいという思いもありますし、両親に心配をかけるかもしれないという思いもあったからです。

わたしであれば、ちょうどよい距離感で相談することができます。

②学校

学校は学校運営で忙しく、相手にしてもらえない可能性が高いです。

わたしも学校で起こった問題を学校の先生に相談したことがあります。

先生は忙しく、ないがしろにされてしまったり、相手にされなかったことも多く、あてにならないと悔しい思いをしたこともありました。

わたしであれば、メッセージなどでいつでも対応いたします。

③仲介業者

仲介業者の役割はあっせんなので、事務的な対応が多いです。

学校での問題に対して、仲介業者はなにもしてくれませんでした。

④自分で解決

自分で解決するということは、自分の考え方に偏る可能性があったり、混乱してしまい冷静な判断がしづらかったりします。

自分の都合のいいように解釈したり、嫌なところは目をつむってしまったりして、解決にならないこともあります。

わたしであれば、第三者の目線から問題解決にあたることができます。

自分以外の人の意見を聞くことで、何が問題なのか、その問題に対してどんな解決策があるのか考えることができます。

ーーーーー

見知らぬ土地で、未知の問題に遭遇したときの心細さは想像にかたくないと思います。

わたしはこれから留学するあなたの身に起こるであろう数々の問題を乗り越えてきました。

あなたに寄り添い、一緒に問題解決していくことができます。

 

理由2:語学だけできればいい時代は終わったから

留学を終えて社会にでていくことを考えたとき、中国語ができるだけで通用する時代ではなくなってきています。

中国語ができる人は年々増えているうえ、翻訳機の精度向上により語学力以外を重視する人が増え、語学力だけではありふれた人材になってきています。

留学を終え就活をしてきたわたし自身が、中国語ができるだけで通用する社会ではないということを身をもって痛感してきました。

中国留学予備校を通して、目的を語学にするのではなく、語学力をツールとしてどんな未来を切り開いていくかを考えることは、今後の人生におおいに役立ちます。

 

理由3:うまくいくまでの時間が大幅に短縮できるから

あなたが今の状態から一人でがんばったとしたら、わたしが提供するすべてのツールをそろえるまでにどれくらい時間がかかるでしょうか。

中国留学予備校はわたしの15年間がつまった講座です。

なんども遠回りをして、停滞して、悩み苦しんだ15年間の本当に必要なエッセンスだけを取り出した講座です。

あなたがこのエッセンスを3か月で手に入れられるのであれば、中国留学予備校は必要ないかもしれません。

でも、一人では難しそうだ、3か月では難しそうだと思われたのなら、これらを3か月で手に入れて、結果を出すことだけに集中してください。

 

理由4:習得までに時間がかかるスキルもあるから

「もっと早く知っていればよかった」

わたし自身、勉強をしていく中でこう思うことは何度もありました。

「知ってる」→「わかる」になるまで、何度も行動して、考えることで自分のものにすることができます。

そうした時間がかかるスキルは、一日でも早く始めた方が有利です。

 

理由5:いまの受講料がもっともコストパフォーマンスがいいから

中国留学予備校は、今後は価値が上がることはあっても下がることはないでしょう。

下がってしまえば、中国留学予備校自体が消滅するからです。

受講生が増えてくればおひとりおひとりのサポートが難しくなるかもしれません。

常に”いま”がコストパフォーマンスが最高の条件で受講できるチャンスです。

 

理由6:今日この日が、今後のあなたの人生でもっとも早く始められる日だから

あなたの人生の残り時間は、いまこうしている間にも減っています。

今日この日、いまこの瞬間が、今後のあなたの人生で「あなたがもっとも若い瞬間」です。

「もっと早いうちに始めておけばよかった」と思ったことはありますか?

「そうしたら、今頃はもっと違うことが起きていたんじゃないか、もっとうまくできてたんじゃないか」となんだか寂しくなったことはありますか?

その「もっと早いうち」が、「いま」です。

「いつか」「そのうち」と思っている間に、どのくらいの時間を無駄にしてきましたか?

もうこれ以上、何かが起きるのを待つことはやめて、動き出してください。

きっと3ヶ月後には、いまとはまったく違う景色が見えているはずです。

 

開校日程

中国留学予備校は、4月期、7月期、10月期、1月期の年4期からの参加が可能です。

中国留学予備校では、反転授業の形式を採用しています。

反転授業とは、従来は授業当日に提供されていた「新たに学習する内容」を事前に動画教材やテキスト教材等の形で提供することで、講義を行わず、「復習・質問・相談の場」とする学習方式です。

具体的には、ご参加を決めて申込・入金処理が確認できた日から、オンラインで視聴できる動画教材とダウンロードできる資料教材をテーマごとに定期的にメールでお送りします。

あなたが都合の良い時間でそれらを視聴し、課題や確認問題に取り組んでください。質問や相談は無制限で受け付けています。

 

特典をお付けします

  • 国際部がある北京と上海の高校リスト
  • 留学保険を取り扱う会社のリスト
  • 中国留学で役に立つおすすめ書籍一覧
  • HSK・中検対策
  • 留学を成功させる人の哲学
  • 健康管理の方法
  • 日本語の教え方

中国予備校の参加費について

さて参加費ですが、その前に考えて欲しいことがあります。

まずこれは、わたし自身が7年間の中国留学で、まなんで、試し、失敗を繰り返し、改善してきた中国語学習方法、3年間の中国系企業勤務の経験に5年間独立のために勉強してきたことを加えて作り上げたほかのどこにもないプログラムです。

あなた自身でノウハウを学び、同じような経験をして、失敗や成功を繰り返して学ぼうとするなら、10年間、500万円もあれば身に着けることができるかもしれませんが…

ちょっと中国語がうまく伝わってよかった、という小手先の技術やノウハウではなく、本当に使える、実践的な内容に仕上げたつもりです。

ここで得られる価値は一生ものです。

すぐに使えて、そして一生使える原則。

あなたにとって、これにはどれくらいの価値があるでしょうか?

これらの原則を知らずとも留学生活を送ることができます。

わたしは高校から大学まで中国で過ごし、多くの日本人と知り合いました。

留学を終えたあと、

  • 中国語がはなせなくなってしまった人
  • 中国にいたのは遠い昔の話だと思い出話になってしまった人
  • 恥ずかしくて中国留学していたなんて言えなくなってしまった人

そんな日本人がゴロゴロいます。

中国留学を今後の人生に活かすことができれば、中国留学予備校の受講料298,000円(税別)は、留学をムダにしないだけの価値があると思うと高くないと思いませんか?

クレジットカード払い・分割払いもできます

お支払方法は、銀行振込み一括払いに加え、クレジットカードも使えます。クレジットカードなら分割払いも受け付けています。3回払いなら10万4000円(税別)、6回払いなら5万8000円(税別)です。(分割の場合は総額が変わりますのでご注意ください)

100%全額補償

中国留学予備校が終了した後、もし満足できなければ、自分の変化や成長を全く感じないのであれば、遠慮なく言ってください。
金額は100%お返しします。

ただし、条件があります。

この保証は「がんばってみたいけど、本当に価値があるのか」という、あなたが感じて当然の不安を解消するために、そして、わたし自身のコミットをあなたに伝えるためにつけているものです。
行動しないことが最大のリスクだということをお伝えしたいので、勇気をもって行動された方のリスクこそ、全額補償という形で引き受けます。
なので、返金の保証が対象になるのは真剣な人のみに限定します。

具体的な条件は二つ。
1.わたしから出したすべての課題を提出すること。
2.成果が出ていないと感じるなら、受講中にそう感じていることを質問・相談すること。

「返金保証があるから、とりあえずどんなものか見てやろう」という軽い気持ちの申し込みや冷やかしの方は絶対に申し込まないでください。

同様に「この場合は返金を受けてもらえるんですか?」といったような返金前提の話をしたいなるなら、そもそも申し込まないでください。わたしは真剣です。

Q&A

Q:すでに留学中だけどいいの?

A:もちろんです。予備校という名前ではありますが、留学前じゃないと参加できないわけではありません。

いますでに留学をしているという状況から、どうしたら自分の理想の留学生活を送ることができるのか、一緒に考えていくことができます。

 

Q:長期留学でも短期留学でもどちらでもいい?

A:もちろんです。

長期留学であれば、留学中に最大限の効果を発揮できるサポートができます。

短期留学であっても、短期留学を成功させるのはもちろんですが、日本に帰国した後の学校生活や就活にまで応用できる内容となっております。

 

Q:三か月の予備校期間が終わった後はどうしたらいい?

A:ご希望の方には、継続サポートをご用意しております。

三か月以降も、予備校でまなんだことを実生活に活かすために、サポートしていきます。

サポート内容は、独学サポート、テキストでの無制限相談、月1回のオンライン授業です。