【音声翻訳】中国語の無料翻訳アプリの使用感レビュー

こんにちは、じゅり(@JURIn29)です⭐

中国人と交流するときに、「翻訳の手を借りたいな~」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

スマホアプリが便利そうだけど、たくさんあって、迷いますよね💦

そんな悩みを解決するべく、iPhoneのAppStoreでダウンロードできる中国語翻訳アプリを使って、使用感を比較してみました!

今回は音声翻訳編です。

中国語翻訳アプリの種類は3つ

iPhoneのAppStoreで「中国語翻訳」と検索すると、以下の3種類のアプリが出てきます。

今回は、音声を翻訳するアプリの使い方と、使用結果をご紹介します!

 

音声を翻訳するアプリ2つを試してみた

私は今回、2点に注目しました。

  • 音声の感度
  • 翻訳の精度

話している言葉を認識してくれるか?というのが、音声の感度で、話している言葉の意味を正確に理解してくれているか?というのが、翻訳の精度です。

ユーザーにとって、どちらも気になる項目ですよね⭐

 

“音声&翻訳”は音声の感度が高い!

 

使い方

アプリをダウンロードしたら、開きます。最初は、デフォルトで英語になっていると思いますので、中国語に変更します。

画面下の国旗の間の赤い枠の中のボタンを押すと、言語一覧が出てきます。

一覧から中国語を探し出し、中国語を選ぶと、中国の国旗に変わりますので、先ほど押した国旗の間にあるボタンを押して戻ります。

翻訳画面では、中国の旗を押すと、中国語から日本語への翻訳日本の旗を押すと、日本語から中国語への翻訳となります!

ちなみに、話した文章とアプリが認証した文章が違う場合には、アプリが認証した文章をタッチすると、手動でテキスト入力編集ができます。

 

使用した感想

音声の感度はとてもよくて、スローでも、早口でも、しっかり聞き取ってくれましたし、押してすぐに話し始めてもOKなので、レスポンスが早くてとても使いやすかったです!

とても音声に特化した翻訳アプリだと思います。

翻訳精度は、普通だと思います。例えばこれ icon-hand-o-down 

間違ってはいないし、通じるのですが、ちょっとだけ「ぎこちない」印象です。

 

“はなして翻訳”は翻訳精度が高い!

※ドコモユーザーのみ利用可能

 

使い方

アプリをダウンロードして開いたとき、言語が中国語でない場合には、中国語に設定します。

画面上部の言語が記載されているところをタッチし、言語一覧表の中から中国語を探してタッチし、右上の閉じるボタンを押すと、翻訳画面に戻ります。

画面下部のボタンを押して、翻訳を開始します。

右側の中国語で書かれた”讲话”を押すと、中国語から日本語への翻訳、左側の日本語で書かれた”話す”を押すと、日本語から中国語への翻訳になります。

話した文章とアプリが認証した文章が違う場合には、アプリが認証した文章の左側にある、赤い枠で囲んだ編集マークをタッチすると、テキスト入力で編集できます。

 

使用した感想

再翻訳する機能があり、翻訳精度の高さがにじみ出ています

中国語の日本語訳を、再度中国語に翻訳する機能が再翻訳です。

再翻訳された文と最初に話した中国語がどれくらい一致しているかどうかで、その日本語訳の正確さが、客観視できますね!

この「私は自分の耳が信じられない」という翻訳文も素晴らしいです。

ただ、音声の感度はいまいちで、翻訳開始ボタンを押してから少し時間がかかること(※)や、「もう一度お話しください」というエラーが発生しやすいなどの印象を受けました。

※翻訳開始ボタンの上に、時々「準備中です…」と表示されますので、すぐ話すと最初の方は聞き取ってもらえません。

 

音声翻訳アプリを2つ試してみた結果

どちらのアプリもとても使い勝手が良かったのですが、得意不得意があるということがわかりました。

使いやすさは人それぞれなので、使ってみていいなと思う方を、ぜひ愛用してみてください✨

 

こちらの記事もおすすめ!

💎【画像翻訳】中国語の無料翻訳アプリの使用感レビュー

💎【テキスト翻訳】中国語の無料翻訳アプリの使用感レビュー

 


1対1でお悩み相談できます♪




LINE@に登録して、中国語学習や中国留学のヒント、中国関連情報を得ませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

名前:じゅり(民間の日中友好大使)

中国が大好きな20代OLです。
特にC-POP、中国人、中国語が大好きです!

♩十八番がC-POP
♩中国語フェチの中国語教師
♩日中の国境を越える友情構築
♩中国人を外国人と思えない日本人

近い将来叶えたい夢は「中国一周」です(^^)
お問い合わせはこちら