C-POPで中国語上達!好きな曲を真似したら発音のコツが掴めた

こんにちは、じゅり(@JURIn29)です。

私はC-POPが大好きで今でも聞いているのですが、私はC-POPに出会えたことで、中国語の楽しさを倍感じられるようになりました。

今回は、私がC-POPデビューしてからドはまりし、中国語の上達を感じられたきっかけをお話したいと思います!

 

初めてきいたC-POPは梁静茹(フィッシュ・リョン)の『勇气』

私が初めてC-POPを聞いたのは、高校1年生の頃です。

中国人のお友達の家に遊びに行った日の夜、その子のお部屋でC-POPが流れているのを聞きました。

「これはなんて歌なの??」と聞くと「梁静茹(フィッシュ・リョン)の『勇气』っていう歌だよ」と教えてもらいました。

初めてC-POPを聞いた私は彼女の声に魅了され、次の日から梁静茹(フィッシュ・リョン)の歌ばかり聞きまくりました。

外に出かければ、梁静茹(フィッシュ・リョン)のCDを探して買いあさりました。

勉強していない時間はずーーっと梁静茹(フィッシュ・リョン)の歌を聞いていました。

梁静茹(フィッシュ・リョン)の歌が好きすぎて、歌詞をノートに手書きして、歌詞の翻訳までしました。

梁静茹(フィッシュ・リョン)の歌を聞くと、自分の高校生活がよみがえってくるように、とても懐かしい気持ちでいっぱいになります。

 

中国語の上達を実感した

自分の中で梁静茹(フィッシュ・リョン)の曲は、ただ聞いていて心地が良く、勉強しているという感覚はありませんでした。

何度も聞いて、何度も口ずさむうちに、自分の中国語が変化してきました。

苦手だった中国語の巻舌音のコツが、どんどんつかめるようになってきたんです。

何をしていたかというと、私は梁静茹(フィッシュ・リョン)の真似をしていただけです。

どうしたら近づけるのかな~~といろんな試行錯誤をしているうちに、なんとなく、自分の巻舌音が梁静茹(フィッシュ・リョン)に似てきたかもと感じるようになったんです。

そのきっかけとなった曲が『丝路』です。

この曲は本当にきれいで、自分が歌うときに巻舌音がちゃんと発音できないと、こんなにステキな楽曲がもったいなく感じたんです。

この曲をまねしながら、巻舌音ばかり練習していました。

ちなみに、巻舌音の上達は自分の判断で、先生や他の人に褒められたわけではありません(笑)

でも自分がうまくなったかもと感じられるだけで、楽しくなりますよね🎶

 

最後に

良かったらあなたのC-POPデビューのお話や、中国語上達のきっかけになったお話しを聞かせてください!

この記事があなたのお役に立てたら嬉しいです😊

 

こちらの記事もおすすめ

 


1対1でお悩み相談できます♪




LINE@に登録して、中国語学習や中国留学のヒント、中国関連情報を得ませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

名前:じゅり(民間の日中友好大使)

中国が大好きな20代OLです。
特にC-POP、中国人、中国語が大好きです!

♩十八番がC-POP
♩中国語フェチの中国語教師
♩日中の国境を越える友情構築
♩中国人を外国人と思えない日本人

近い将来叶えたい夢は「中国一周」です(^^)
お問い合わせはこちら