偽札ってあるの??中国滞在中に起こりえるトラブルと対策

こんにちは、じゅり(@JURIn29)です。

日本にいると、偽札と出会うことはほとんどないですよね。

お隣の国、中国ではどうなのでしょうか?

風のウワサで聞いたことがある方も多いかもしれませんが、私の7年間の留学生活の実体験と対策方法をシェアしたいと思います。

 




7年間の留学生活で1度だけ偽札をつかんだことがある

自分が持っているお札が偽札だと気付いたのは、お店でお会計している時でした。

お金を差し出したら、突然店員さんに、「これ偽札だから違うお札にして」と言われました。

偽札を持っている覚えは一切なく、自分の持っているお金が突然偽札になっていたんです。

びっくりしませんか??

「違うよ」「偽札なわけないよ」と言っても、相手は受け取ってくれません。

しかたなく他のお札を出して、お買い物を済ませましたが、手元に残った偽札はどうしたらいいのでしょうか??

私は、次に入ったお店でその偽札を平然とお会計に使ったら、受け取ってもらえました!!

果たして偽札だったのか偽札じゃなかったのか、今でも不思議です。

 

偽札をつかまないためにできること

目の前で自分のお札を「偽札だ!」と言われたのは、7年間でたった1回だけでしたが、私の経験を踏まえて気を付けるべき点をご紹介します。

ポイントは、「お釣りをもらわないようにすること」です。

 

細かいお金を用意しておこう

私の場合、「偽札だ」と言われたお札は、タクシーでもらったお釣りでした。

タクシーに乗るときは、細かいお金を用意して、お釣りをもらわないようにするのが良いです🙆

またタクシー以外にも、小さいお店でも気を付けましょう!

 

最後に

最近は中国でも電子決済が流行っていると聞きますが、偽札をつかまないためにも、良いかもしれませんね!

現金でしかお支払いできない場合には、細かいお金を用意してみてください😊

 

こちらの記事もおすすめ

 


1対1でお悩み相談できます♪




LINE@に登録して、中国語学習や中国留学のヒント、中国関連情報を得ませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

名前:じゅり(民間の日中友好大使)

中国が大好きな20代OLです。
特にC-POP、中国人、中国語が大好きです!

♩十八番がC-POP
♩中国語フェチの中国語教師
♩日中の国境を越える友情構築
♩中国人を外国人と思えない日本人

近い将来叶えたい夢は「中国一周」です(^^)
お問い合わせはこちら